ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

目次

ビデオ編集PCの必需品 プロセッサ選びの要点

ビデオ編集PCの必需品 プロセッサ選びの要点

マルチコアプロセッサとビデオ編集の相性

ビデオ編集を行う際には、プロセッサの選択が非常に重要です。

特に、マルチコアプロセッサはビデオ編集との相性が良いことで知られています。

これは、ビデオ編集作業が多くのデータを同時に処理する必要があるため、複数のコアを持つプロセッサがその能力を発揮できるからです。

例えば、高解像度の映像を扱う時や、複数のビデオトラックに対して同時にエフェクトを適用する場合、マルチコアプロセッサは一つのコアだけでは処理しきれない量のデータを効率良く処理することができます。

さらに、プロセッサが複数のスレッドを同時に処理できる能力も、ビデオ編集のパフォーマンス向上に寄与します。

このような機能を持つプロセッサを選ぶことで、レンダリング時間の短縮や効率的なエフェクト適用が可能になり、総合的な編集作業のスピードアップを実現できます。

また、最新のマルチコアプロセッサは、省エネルギー性にも優れているため、長時間の作業であっても電力消費を抑えつつ高いパフォーマンスを維持することができます。

このように、ビデオ編集を快適に進めるためには、マルチコアプロセッサの選定が非常に重要となります。

適切なプロセッサを選ぶことで、作業の効率が大きく向上し、創造的なビデオ作品作りに集中できる環境を整えることができるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41450 2388 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41398 2330 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41398 2330 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38850 2053 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38773 2025 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35749 2208 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35749 2208 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33989 2182 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33989 2182 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32754 2077 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32754 2077 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29452 2016 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29049 1946 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27219 2021 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24806 2078 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24806 2078 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22225 1926 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20500 1992 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19637 1914 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17850 1795 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16154 1757 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16154 1757 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15391 1958 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9136 1726 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9136 1726 公式 価格

ビデオ編集に最適なCPUのスペックとモデル

ビデオ編集において最適なCPUの選択は、その作業の効率性と完成品の品質に直接影響を与えます。

まず、ビデオ編集には高い処理能力が求められるため、多コア・高クロック速度を持つCPUが推奨されます。

具体的には、IntelのCore i9やAMDのRyzen 9といったシリーズが高い性能を誇ります。

これらのプロセッサは、複数のコアを有しており、複雑なエフェクトや多層にわたる編集作業をスムーズに処理できる力を持っています。

また、ビデオ編集時には大量のデータを一時的に扱うことが多いため、キャッシュメモリの大きさも重要です。

大きなキャッシュメモリを持つCPUは、データアクセスの待ち時間を短縮し、総合的なレスポンスの向上に寄与します。

さらに、ビデオ編集ソフトウェアが新しいテクノロジーをどんどん取り入れている現在、最新の指令セットをサポートするCPUを選ぶことが望ましいです。

これにより、ソフトウェアの機能をフルに活用でき、効率的な編集作業が可能となります。

このようにして、適切なプロセッサを選ぶことで、ビデオ編集の作業を格段に快適にし、クリエイティブな作業に集中できる環境を整えることができます。

プロセッサの選択は、単にスペックの数字を比較するだけではなく、実際の作業内容と使用するソフトウェアの要求を理解し、そのバランスを重視することが重要です。

メモリ容量は多ければ多いほど良い?

メモリ容量は多ければ多いほど良い?

ビデオ編集のための最小限メモリ容量

ビデオ編集を行う際のメモリ容量は、作業の快適さを大きく左右します。

特に高解像度の映像を扱う場合や、複数のアプリケーションを同時に使用するシナリオでは、十分なメモリが必要となります。

ビデオ編集のための最小限メモリ容量については、8GBが基本的なスタートラインとされていますが、これは1080pの映像を編集する際に適した量です。

ただし、4K映像をスムーズに取り扱うためには、少なくとも16GBのメモリが推奨されます。

さらに、複雑なエフェクトやカラーグレーディング、3Dアニメーションなどを頻繁に使用するならば、32GBまたはそれ以上のメモリを搭載することが望まれます。

これにより、時間のかかるレンダリングプロセスの速度が向上し、効率的に作業を進めることが可能になります。

メモリはビデオ編集においては「多ければ多いほど良い」と言える部分があり、システムのレスポンス性や多任務処理の能力が向上するため、投資する価値は高いと言えます。

しかし、使用するソフトウェアや具体的な編集内容に応じて適切なメモリ容量を選んでください。

適切なメモリを確保することで、ビデオ編集は格段に快適なものとなります。

快適作業のためのメモリ選びのコツ

ビデオ編集を行う際に快適な作業環境を実現するため、適切なメモリ容量の選定は非常に重要です。

メモリが足りないと、プロジェクトのロードやエフェクトのプレビューに時間がかかり、作業の効率が落ちてしまいます。

一方で、必要以上にメモリ容量が多い場合は、コストが無駄になる可能性もあります。

ビデオ編集においては、通常、最低16GBのメモリを推奨しますが、4K以上の高解像度の編集を行う場合や、同時に複数のアプリケーションを使用する場合は、32GBまたはそれ以上が望ましいです。

また、メモリの種類にも注意が必要です。

DDR4や新しいDDR5など、高速なメモリはデータの読み書き速度が速く、ビデオ編集作業のスムーズな実行を助けます。

その速度は、特にエフェクトの適用やリアルタイムレンダリングを行う際に、その性能差を明確に感じることができます。

さらに、メモリのチャネル構成もパフォーマンスに影響します。

デュアルチャネルやクアッドチャネルを活用することで、メモリ帯域の幅が広がり、より多くのデータを同時に処理できるようになります。

これにより、大容量のビデオファイルや複数のビデオトラックを扱う際に、より高速なデータアクセスが可能となり、作業効率が向上します。

適切なメモリ選びはビデオ編集のパフォーマンスを大きく左右するため、自分の使用する編集ソフトウェアやプロジェクトの具体的な要件に基づいて、最適なメモリ容量やスペック選びを行うことが大切です。

ですので、PC選びにおいては、これらのポイントを考慮することが非常に重要です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

極上の体験を提供するハイエンドなゲーミングPC、用途を選ばない多才なモデル
最新の業界標準を駆使した、迫力満点でスムーズなパフォーマンスを実現するバランスPC
透明なサイドパネルが内部を魅せる、スタイリッシュなデザインのミドルタワーケース
頂点を極める速度、Core i9の力であらゆる作業を軽快に演出するCPU

【ZEFT Z45BF スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CG

プロフェッショナルユーザーの勝利を紡ぐ、幅広い応用力を持ったゲーミングPC
32GBメモリと最新1TB NVMe SSD、モンスター級のパフォーマンスを実現
クールなホワイトキューブケースで、スタイリッシュな環境に溶け込むマシン
周囲を圧倒するCore i9のパワーで、次世代のプレイを実現

【ZEFT Z47CG スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

ゲーマーの心を掴む、高性能で均整の取れたこのゲーミングPC
群を抜く64GBメモリと先進のRTX 4060Ti、新たなゲーム体験をコミット
白く輝くNZXTケース、熱い戦いもクールダウンさせるH7 Flow RGBマシン
多くを要求されるタスクにも余裕のCore i7-14700KFを搭載したこのPC

【ZEFT Z45AGD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

力と美しさの融合、エフォートレスグレードのゲーミングPC
ハイパフォーマンスと最新技術のバランスが生む、快適なプレイ環境
透明感あるクリアパネルで、究極のカスタマイズを映すマシン
鮮烈スピード、最新Core i5が切り開く多用途の可能性

【ZEFT Z45DAJ スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AH

快適な作業からハードコアなゲーミングまでカバーするマスターピース、その名もパワフルゲーミングPC
16GBメモリと最新の1TB NVMe SSDで、高速な動作と広大なストレージを誇る、均整の取れたスペックの宝庫
NZXT H5 Flowの白く洗練されたケースは、優雅さを演出し、エアフローにも優れたデザイン性抜群のモデル
心臓部に搭載のCore i7-14700KFは、ハイエンドなパフォーマンスを実現、幅広いタスクへ応答する高性能マシン

【ZEFT Z45AH スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AH

ビデオ編集を加速させるグラフィックスカード

ビデオ編集を加速させるグラフィックスカード

GPUの影響力 ビデオ編集に対するGPUの役割

ビデオ編集においてGPU(Graphics Processing Unit)の役割は非常に大きなものです。

ビデオ編集作業は高い処理能力を要求されるタスクであり、特に高解像度での編集や複雑なエフェクトの適用、3Dアニメーションのレンダリングなどをスムーズに行うためには、強力なグラフィックスカードが必要不可欠です。

GPUはこれらの重たい処理を効率良く処理することができるため、全体の編集作業の速度を向上させることができます。

近年では、NVIDIAやAMDなどのメーカーから高性能なグラフィックスカードが次々とリリースされており、これらはビデオ編集用に特化した機能を多く持っています。

例えば、リアルタイムでのビデオプレビューや、高速なエンコード・デコード支援、複数のビデオストリームの同時処理といった機能がビデオ編集では大きなメリットをもたらします。

また、GPUの利点としては、単にビデオ編集速度を向上させるだけでなく、クリエイティブな作業をより効率良く、より創造的に進めることが可能になる点も挙げられます。

ユーザーは技術的な制限に悩まされることなく、自らの創造力を最大限に発揮することが可能です。

ビデオ編集用PCを選ぶ際には、このGPUの性能を考慮することが非常に重要です。

グラフィックスカードのスペック、特にCUDAコア数やメモリのバンド幅、サポートするテクノロジーの種類などを詳細に確認し、自分の編集スタイルやプロジェクトの要求に最適なものを選ぶことが望ましいです。

適切なグラフィックスカードを選ぶことで、ビデオ編集が格段に快適で効率的なものになります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36394 73214 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30264 72518 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29305 67491 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26323 66680 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23870 54962 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20044 49859 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19351 50499 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18075 45318 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17091 41925 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13540 34184 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13539 34628 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13422 34004 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12538 30007 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10890 31350 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10718 28232 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10709 27163 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7379 19379 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6309 15845 130W 公式 価格

おすすめのグラフィックスカードモデル

ビデオ編集を行う上で重要な役割を果たすグラフィックスカードは、高解像度の動画をスムーズに扱うために必要不可欠です。

特に、4Kや8Kといった高画質の映像を編集する場合、グラフィックスカードの性能が直接編集作業の速度と快適さに影響します。

おすすめのモデルの一つに、NVIDIAのGeForce RTX4080があります。

このカードは、優れたレイトレーシング技術と大容量のVRAMを備えており、複雑なエフェクトやカラーグレーディングをリアルタイムで処理する能力が非常に高いです。

また、AMDからはRadeon RX 7800 XTがおすすめです。

このカードは、高速なGDDR6メモリを搭載し、幅広いビデオ編集ソフトウェアとの互換性も良好です。

特に、GPUを駆使したレンダリングが必要な場面でその真価を発揮し、作業の効率を大きく向上させます。

さらに予算が許せば、NVIDIAのGeForce RTX4090も見逃せません。

このモデルは業界最高峰の性能を誇り、特にVR編集や3Dアニメーション制作において、その高い処理能力が大きなアドバンテージとなります。

これらのグラフィックスカードに共通するのは、高い解像度でのビデオ編集作業を効率的かつ迅速に行える点です。

最適なビデオ編集PCを組む際には、これらのグラフィックスカードを中心に考え、それに見合うCPUやRAMを選ぶことが成功の鍵です。

ビデオ編集の本格的な作業に挑むのであれば、適切なグラフィックスカードの選択が、編集作業の快適さと効率を大きく左右するため、投資の価値は非常に高いと言えるでしょう。

ストレージ選び SSDかHDDか?

ストレージ選び SSDかHDDか?

ビデオ編集で重視すべきストレージの特性

ビデオ編集で重視すべきストレージの特性として、まず挙げられるのが高速な読み書き能力です。

動画編集では大量のデータを扱うため、素早くデータにアクセスし、保存できることが必要不可欠です。

この点でSSDはHDDに比べて圧倒的な速度を誇ります。

SSDはHDDに比べてデータの読み込みや書き込みが速いので、ビデオ編集作業の効率を飛躍的に向上させることができます。

さらに、動画ファイルはサイズが大きいものが多く、これらのファイルを扱う際には、ストレージの応答速度が極めて重要です。

SSDはメカニカルな部品を持たないため、振動や衝撃に強く、耐久性にも優れています。

これにより、データの損失リスクが低減され、より安定した編集作業が行えるのです。

そして、ビデオ編集ではファイルの保存と読み出しが頻繁に行われるため、データの安全性の確保も重要なポイントです。

SSDはアクセスタイムが非常に短いため、多くのファイルを素早く扱えることも利点の一つです。

このように、ビデオ編集では高速かつ安定した作業が求められるため、ストレージの選択は作業の効率性を大きく左右します。

適切なストレージを選ぶことで、作業のスムーズさだけではなく、最終的なプロダクトの品質向上にも寄与することができます。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47H

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47H

プレミアムパフォーマンスで勝利を掴む、ゲーミングPC
32GB大容量メモリ搭載、均整の取れたスペックで臨む最新ゲームを
Silencio S600、静寂と格調を纏うミドルタワーマシン
i5-14400F、ミドルレンジを超える力強いCPUパフォーマンス

【ZEFT Z47H スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47H

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

高性能Core i7とRTX 4060が織りなす、上質なバランスのゲーミングPC
快適プレイを支えるトリプルスペック!16GBメモリと1TB SSDの黄金配合
Silencio S600は静寂そのもの。デザインとサイズ感が生み出す上品PCケース
最新Core i7が躍動!負荷の大きなタスクも余裕で駆け抜ける

【ZEFT Z47AC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47F

ハイバリュースタンダードのパワフルスペックで、プロのゲーマーから日常の使い勝手までをカバーするマシン
最新VGAのRTX 4060とi5 14400Fが組み合わさり、優れた性能バランスで最新ゲームを快適プレイ
NZXT H5 Flowケースを纏い、クールなホワイトが映えるデザイン性豊かなPC
Core i5 14400F搭載、スマートにこなすパフォーマンスでクリエイティブ作業もスムーズに

【ZEFT Z47F スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AE

速攻性能で圧倒!このゲーミングPCは、真剣勝負を愛するプレイヤーのために捧ぐ
スムーズな操作感・鮮やかな映像・速い読み込み、全方位バランスの極み
スリムながら存在感を放つ、このミドルタワーケースはデザインも機能も一級品
Core i7 14700KF搭載、プロ級のパフォーマンスを引き出す強力な心臓部

【ZEFT Z45AE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AE

SSDとHDDの違いとビデオ編集への影響

ビデオ編集において、ストレージの選択は重要な役割を果たします。

SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)では、データの読み書き速度が大きく異なります。

特に、SSDは高速なデータアクセスを実現し、ビデオ編集の際に頻繁に行われる大量のデータ転送やファイルの保存が速く行えるため、編集作業がスムーズに進みます。

一方、HDDはデータの読み書き速度がSSDに比べて遅いですが、コストパフォーマンスに優れ、大容量データを低コストで保存できるというメリットがあります。

ビデオ編集では、画質を保ちながら効率的に作業を進めるためには、作業用データを素早く保存・読み出しできることが求められます。

そのため、作業用ドライブとしてSSDを選ぶことが多いです。

ただし、保存容量が必要な場合やアーカイブとして長期保存する場合には、HDDを使った方が経済的です。

このように、ビデオ編集を快適に進めるためには、使用目的に応じてSSDとHDDを適切に選択することが重要です。

高速なSSDを作業ドライブとして使用し、大量のデータを保存する必要がある場合にはHDDを併用するという方法が効果的です。


ビデオ編集PCの冷却システム

ビデオ編集PCの冷却システム

効果的な冷却システムの選び方

ビデオ編集PCの冷却システム選びでは、処理能力の高さと同じくらい重要性があります。

効果的な冷却システムが整っているかどうかは、長時間の編集作業でもパフォーマンスの低下を防ぐために不可欠です。

まず、空冷タイプと水冷タイプの基本的な違いを理解することが重要です。

空冷はファンを利用して内部の熱を外に逃がす一方で、水冷システムは液体の冷却効果を利用してより静かかつ効率的に熱を管理します。

高性能なビデオ編集では、プロセッサーやグラフィックカードが大量の熱を発するため、これらの部品の冷却に特に注意を払う必要があります。

熱の発生量が多いため、水冷システムが適している場合が多いですが、設置場所や保守のしやすさ、予算によって選択が異なることもあります。

効果的な冷却システムを選ぶ際には、PCの使用環境や作業負荷を考慮することが求められます。

また、冷却システムのパフォーマンスを向上させるためには、ケース内のエアフローを最適化することも重要です。

給気口と排気口が適切に配置されていることが理想で、内部の配線を整理して空気の流れを阻害しないようにすることも効果的です。

これらの要因を考慮して、最適な冷却システムを選ぶことが、ビデオ編集用PCの性能を長期間維持し、高品質の作品作りに役立ちます。

各ユーザーのニーズに合わせた冷却システムの選択は、作業効率と快適性を大きく改善するため、適切な選択が求められるのです。

放熱に優れたPCケースとアクセサリー

ビデオ編集をするPCにおいては、高性能なプロセッサーやグラフィックカードが重要ですが、それらの発熱に対応する冷却システムもまた、非常に重要です。

特に放熱に優れているPCケースやアクセサリーを選ぶことは、長時間の作業でもPCのパフォーマンスを安定させるために必要不可欠です。

放熱性能の高いPCケースでは、通常、多くのエアフローが確保されており、前面と背面、場合によってはトップにもファンが搭載されています。

これにより、装置内の熱気を効率的に外に排出することが可能です。

また、PCケースの素材にも注目すべきです。

アルミニウムやスチールといった金属製のケースは熱伝導率が高く、内部の熱をうまく外に逃がすのに寄与します。

さらに、サイドパネルにガラスを使用していないモデルを選ぶことも、放熱性を高める一つの方法です。

ガラスは見た目が美しい一方で、金属に比べて熱伝導性に劣るため、熱がケース内にこもりやすくなります。

冷却アクセサリーとしては、高品質なCPUクーラーや、追加のケースファンが有効です。

特に水冷システムを導入すると、さらに高い冷却効果を得られる場合が多いです。

これらのアクセサリーによって、熱が発生しやすいコンポーネントを直接冷やすことができ、全体のシステム温度をより効率的に下げることができます。

PCの冷却はビデオ編集のパフォーマンスを直接左右する要因の一つですので、選択する際はケースやアクセサリーの放熱性能をしっかりと確認することが大切です。

それにより、より快適にビデオ編集作業を行う環境を整えることができます。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ビデオ編集作業を支えるマザーボードの選び方

ビデオ編集作業を支えるマザーボードの選び方

マザーボードのスペックがビデオ編集に与える影響

ビデオ編集におけるマザーボードの選び方は非常に重要です。

この部品は、PC内の他のハードウェアが効率良く、かつスムーズに連携して動作するための中枢とも言えるため、ビデオ編集のパフォーマンスに直接的な影響を与えます。

例えば、高速なデータ転送が求められるビデオ編集では、マザーボードのチップセットやPCIeスロットのスペックが重要となります。

特に、4Kや8Kといった高解像度の動画を扱う場合には、より多くのデータを迅速に処理する必要があり、これらのスペックが高いほど滑らかに編集作業が進むことにつながります。

また、マザーボードがサポートするメモリのタイプや最大容量も、ビデオ編集作業の効率を左右します。

動画編集ソフトウェアは大量のRAMを消費するため、高速なメモリを多く搭載できるマザーボードを選ぶことが、長時間にわたるレンダリング時間の短縮に寄与します。

さらに、複数のストレージデバイスを効果的に管理できるマザーボードは、作業ファイル、ソースファイル、出力ファイルを分散させて保存することで、ディスクの読み書き速度のボトルネックを解消し、全体の作業効率を高めることが可能です。

このように、マザーボードはビデオ編集作業をスムーズに行うための基盤を作り、各種ハードウェアのポテンシャルを最大限に引き出す役割を担っています。

適切なマザーボードを選ぶことで、ビデオ編集の作業効率が大幅に向上し、創造的な作業にもっと集中できるようになるでしょう。

ビデオ編集に適合するマザーボード特集

ビデオ編集をスムーズに進行させるためには、適切なマザーボードの選択が非常に重要です。

ビデオ編集においては、高解像度のデータを扱うために、高速で安定したデータ転送が求められます。

そのため、PCIeスロットが複数装備されているマザーボードが適しています。

これにより、GPUや高速のストレージを複数台接続することが可能となり、作業の効率化が図れます。

さらに、ビデオ編集では大量のメモリを消費するため、メモリスロットの数も重要な選択基準です。

少なくとも4つのメモリスロットを持つマザーボードを選ぶことで、将来的にメモリの増設が容易に行えるようになります。

また、データの安定性を保ちつつ高速処理を実現するためには、クオリティの高い電源回路を搭載したマザーボードが求められます。

これがあれば、長時間にわたる編集作業でもシステムの安定性が保たれることでしょう。

最後に、将来的なアップグレードや拡張の柔軟性も考慮して、最新のチップセットを搭載したマザーボードを選ぶことが推奨されます。

これにより、新しい技術やコンポーネントへの対応が容易になり、ビデオ編集機材としての長期的な使用が可能となります。

それらの要素を総合的に考慮し、ビデオ編集用のPCを組み立てる際は、作業の性質と将来のニーズを踏まえたマザーボードの選択が重要です。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R46C

パソコンショップSEVEN ZEFT R46C

液晶を震わせるパフォーマンス、プロフェッショナルのためのエンハンストモデル
32GB DDR5の速度と1TB NVMeの応答性、ゲームとクリエイティブの境界を越える
H9 ELITE WHITE、洗練された白のケースがスタイルを際立たせるデザインマシン
Ryzen 9 7950X、マルチタスクもイージーに押し流すトップスペックPC

【ZEFT R46C スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
SSD 4TB (m.2 nVMe READ/WRITE:200Gbps/200Gbps NB製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R46C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AQA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AQA

ハイエンドゲーミングPC:究極のパフォーマンスとエキスパートなユーザーを魅了する贅沢仕様
パワーと美しさの絶妙な融合:64GBメモリ・最新RTX?グラフィック・高速2TB NVMeで、速さも美しさも手に入る
潔いホワイトと透明感溢れるNZXT H9 ELITEケースで、スタイリッシュな存在感を放つモデル
インテルR Core? i7-14700KFで、プロの要求にも応えるパフォーマンスのゲーミングPC

【ZEFT Z45AQA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AQA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BVA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BVA

ゲームからクリエイティブまで、才能を解き放つ
高速32GBメモリと軽快な2TB SSDで、パフォーマンスのバランスが完璧
洗練されたホワイトHZXT H7 Flow、冷静と情熱が共存するデザイン
Core i9-14900KF、最新かつ最速でプロフェッショナルな結果を瞬時に

【ZEFT Z45BVA スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BVA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

ゲーム好きにぴったりのパフォーマンス、ハイバリュースタンダードのゲーミングPC
イデアルマッチでアドバンストスタンダードを実現。頼れる性能を16GBメモリと共に
洗練されたFractalデザイン、小さな筐体でも大きな可能性を秘めたモデル
力強い処理能力、最新のRyzen7で高速タスクを軽々とこなす

【ZEFT R53JB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CE

熱狂的なゲーミング体験を実現するミドルハイグレードのマシン
アッパーハイセグメントのCPUと最新VGAで、非の打ちどころがないスペックのバランス
NZXTの華麗なホワイトケースで、部屋にも清潔感と洗練さを
Core i9が提供する絶頂性能で、全てのアプリがサクサク動く

【ZEFT Z47CE スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CE

電源ユニット ビデオ編集PCの安定供給源

電源ユニット ビデオ編集PCの安定供給源

堅牢な電源ユニット選択の基準

堅牢な電源ユニットを選ぶ際に重要とされるポイントはいくつかあります。

ビデオ編集用のPCでは、高負荷がかかるため、安定した電力供給が必須です。

そのため、電源効率が80 PLUS認証を受けた製品を選ぶことが推奨されます。

この認証は、省エネルギー性が高く、無駄にエネルギーを消費しないことを示しています。

例えば、80 PLUS GoldやPlatinumの電源ユニットは、より高い効率性を保ちながらも安定した電力をPCに供給することができます。

また、出力容量も重要な選択基準です。

ビデオ編集を行うPCでは、グラフィックスカードやCPUなどのパーツが高性能なものを使用することが多く、それに伴い大きな電力を必要とします。

通常、650W以上の出力を持つ電源ユニットが適しているとされていますが、使用するハードウェアの組み合わせによっては、それ以上のものが必要になる場合もあります。

電源ユニットには保護機能がついていることも大切です。

オーバーボルテージ保護(OVP)、ショートサーキット保護(SCP)、過負荷保護(OLP)など、様々な保護機能が装備されていると、不測の事態からPCを守ることができ、長期間にわたって安心して使用することが可能です。

高い品質と信頼性を持つ電源ユニット選びによって、ビデオ編集作業はより快適で効率的なものに変わります。

信頼性の高い電源ユニットブランド

ビデオ編集作業においては、高い信頼性を持つ電源ユニットを選ぶことが非常に重要です。

特に長時間の編集作業では、安定した電力供給が求められるため、優れた電源ユニットがシステムのパフォーマンス維持に寄与します。

Corsair、Seasonic、EVGAといったブランドは、ビデオ編集用PCに適した高品質な電源ユニットを提供しています。

これらのブランドは、連続使用時の高効率と信頼性で知られ、80 PLUS Gold以上の認証を受けている製品を多く揃えています。

この認証は、少なくとも90%のエネルギー効率を保証し、無駄な電力の消費を抑え、長期間にわたる使用においても安定した性能を提供します。

さらに、これらの電源ユニットは優れた保護機能を備えており、過電流、過電圧、短絡からPCを守ることができます。

そのため、ビデオ編集作業における不意のシステムシャットダウンやデータの損失を防ぐ助けとなります。

高い耐久性と安全性を兼ね備えたこれらの電源ユニットは、ビデオ編集の効率を大きく向上させるための選択として最適です。

入出力端子と接続性 周辺機器との連携

入出力端子と接続性 周辺機器との連携

ビデオ編集PCに求められるポートと拡張性

ビデオ編集PCに求められるポートと拡張性は、プロジェクトの効率と品質を左右する重要な要素です。

高解像度の映像データを扱うためには、USB 3.0やThunderbolt 3などの高速データ転送が可能な端子の存在が不可欠です。

これらは大容量のデータを素早くPCへ転送するのに適しており、作業のストレスを大幅に減らします。

また、複数のモニターを接続するためには、HDMIやDisplayPortといったビデオ出力端子が複数装備されていることもポイントです。

さらに、外部ストレージや特殊な入力デバイスの接続にも対応するために、拡張スロットであるPCIeスロットを充分に備えていることも重要です。

これにより、将来的に必要になるかもしれない増設カードを追加する場合にも柔軟に対応できるようになります。

ビデオ編集を専門とする際は、これらの技術的な詳細を理解し、自身のニーズに合った構成を選ぶことが最終的な作品のクオリティ向上に繋がります。

端子や拡張性は見落としがちですが、実際にはビデオ編集作業の効率を大いに左右するため、選定時にはしっかりと吟味することが推奨されます。


外部デバイスとスムーズに作業するためのポイント

ビデオ編集の際、PCと外部デバイスとのスムーズな連携は極めて重要です。

特に、高解像度の映像を扱う場合、データの転送速度が遅いと作業効率が大きく低下します。

ですから、PC選びではUSB 3.1やThunderbolt 3などの高速な転送技術に対応した入出力端子が豊富に備わっているモデルを選ぶことが望ましいです。

また、複数のモニターを使用する場合、HDMIやDisplayPortを複数装備しているPCが便利です。

これにより、タイムライン、プレビューウィンドウ、その他の操作パネルを別々の画面に配置できるため、より効率的な編集が可能となります。

さらに、外部ストレージへの頻繁なデータ書き出しを行なう編集者にとっては、eSATAポートや高速な外部SSDに対応したUSB-C端子などが重要な選択肢となります。

大容量のビデオファイルを安全かつ迅速に保存・アクセスするためには、これらの技術が欠かせないのです。

これらの点を踏まえ、機種選びをする際には、自身が主に扱うビデオ編集の内容と必要とされる周辺機器の種類を考え、それに最適な連携可能なPCを選ぶことが求められます。

性能だけでなく、これらの利便性も大いに影響するため、じっくりと比較検討することが重要です。

モニターの選び方 ビデオ編集における色彩精度

モニターの選び方 ビデオ編集における色彩精度

色彩を正確に表示するモニターの重要性

ビデオ編集では、色彩を正確に捉える能力がモニターに求められます。

これは、最終的な出力が意図した通りの色で表示されるかどうかに直結する重要な要素です。

色の精度が損なわれると、編集中に行った色調整が実際の表示や印刷時に異なって見えることがあります。

したがって、色域が広く、色再現性に優れたモニターを選ぶことが肝心です。

特に、sRGBカバー率100%以上、Adobe RGBカバー率も高いモニターはビデオ編集に適しています。

これにより、より幅広い色を正確に表示することが可能となり、細かな色彩の違いも捉えることができます。

さらに、専門的なビデオ編集では、カラーマネジメント対応のモニターを選ぶことも重要です。

これにより、異なる入力デバイス間での色の一貫性が保たれ、編集作業の効率化と正確性が向上します。

ビデオ編集用のモニターを選ぶ際は、色温度調整や輝度調整が簡単に行えるモデルを選ぶと良いでしょう。

これにより、周りの環境光に応じて最適な設定に調整でき、常に最良の状態で作業を進めることができます。

また、目の疲れを軽減するフリッカーフリーやブルーライト軽減機能など、長時間作業する際の快適性も考慮すると良いでしょう。

これらの点を踏まえてモニターを選ぶことで、ビデオ編集作業が格段に向上すること間違いありません。

正確な色彩再現を実現するモニターを使用することは、プロフェッショナルなビデオ制作において、そのクオリティを大きく左右する要素なのです。

ビデオ編集に適したモニター選びのポイント

ビデオ編集に適したモニター選びのポイントとして、まず重要なのは色再現性の高さです。

色彩精度が優れているモニターを選ぶことで、実際に撮影した映像の色を忠実に再現し、編集中の色調整の精度も飛躍的に向上します。

特に、色域が広く、sRGBやAdobe RGBなどのカラースペースをカバーしている製品を選ぶことが推奨されます。

また、解像度もビデオ編集においては重要な要素です。

現在主流となっている4K解像度のモニターを使用することで、細部までクリアに確認することができ、より細かい編集作業を行う際の助けとなります。

さらに、ノングレア(非光沢)タイプのディスプレイを選ぶことが望ましいです。

これにより、外光の反射を抑え、長時間作業しても目の疲れを軽減しやすくなります。

最後に、表示遅延の少ないモニターを選ぶことも、リアルタイムでの反応速度が求められるビデオ編集には不可欠です。

こうした要素を考慮に入れて最適なモニターを選ぶことが、効率的で質の高いビデオ編集作業へとつながるでしょう。

あわせて読みたい

パソコン選び方進化形 2024のおすすめはコレだ!

BTOパソコンチョイス

画像生成AI用のおすすめPC 効率を上げるスペックとは?

ゲーミングPCフリーク

パソコン寿命の迷信を打ち破る! 真の耐久性を見極めるポイント

ゲーミングPC評価ブログ

おすすめハイエンドPCでYouTubeの魅力を最大化

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPC選び方 エンスージアスト向け組み立てテクニック

ゲーミングPC Tier1

究極のプレイ環境 2024年版おすすめBTOゲーミングPCガイド

ゲーミングPC.jp

目指せトップクリエイター! 3Dアニメーター向けPC選定戦略

ゲーミングPC評価ブログ

システムエンジニア向けパソコン最適化編 プログラミングの快適な伴侶

ゲーミングPC Tier1

Windows PCで変わるデスクワーク 選び方と効率化のヒント

BTOパソコンチョイス

2024年決定版! おすすめデスクトップゲーミングPC完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

動画編集は静かな環境で! 最高のおすすめ静音PCレビュー

ゲーミングPC Tier1

ハイエンドゲーマー向け おすすめデスクトップゲーミングPC検証

ゲーミングPC評価ブログ

2024年版 AI専用PCおすすめカタログ 効率アップの選択肢

BTOパソコンチョイス

デスクトップ進化論 おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC.jp

音楽制作PC戦略 DTMアーティストのためのおすすめ機種とスペック

BTOパソコンチョイス

初心者からプロまで! ゲーミングPC配信用おすすめセットアップ

ゲーミングPC評価ブログ

プロの視点! 配信に最適なゲーミングPCをおすすめします

ゲーミングPCフリーク

カスタマイズ可能なフル機能! おすすめBTOパソコン比較表

ゲーミングPC Tier1

プロゲーマーのためのおすすめBTOゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

ハードコアゲーマー必見! おすすめBTOゲーミングPCスペック解析

ゲーミングPC.jp

ビデオ編集者の夢を叶えるPC おすすめモデルの秘密

ゲーミングPCフリーク

ビジネスの新常識 2024年おすすめパソコンカタログ

ゲーミングPC Tier1

BTOパソコンとは?初心者から上級者まで理想の構成を見つけるテクニック

ゲーミングPC評価ブログ

極上のゲーム体験を実現! おすすめデスクトップゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

コスパ最強! ビジネスで活躍するおすすめパソコン特集

ゲーミングPC Tier1

知識ゼロからのWindows PC選び 初心者向けの完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

おすすめライブ配信PCトップピック ストリーミングを支配する選択

ゲーミングPC評価ブログ

ビデオクリエイター必携! おすすめビデオ編集PCラインナップ

BTOパソコンチョイス

性能重視! 究極のゲーミングPC選び方

ゲーミングPC.jp

ゲーミングで勝つ! デスクトップPCのスペック別おすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次