プロストリーマーの選び方! ゲーミングPC配信のおすすめ

目次

ゲーミングPC配信環境の鍵、適切なCPUの選び方

ゲーミングPC配信環境の鍵、適切なCPUの選び方

配信も快適に! 重要なCPUスペックとは

配信も快適に! 重要なCPUスペックとは、主にコア数とクロックスピードに注目することが重要です。

ゲーミングPCでの配信を考える際、多くの処理を同時に行う必要があるため、多コアのCPUが推奨されます。

例えば、AMD Ryzen 7やIntel Core i7以上のモデルが適しています。

これらのCPUは、ゲームプレイと同時に動画のエンコード処理を効率良くこなすことが可能です。

さらに、クロックスピードも配信のパフォーマンスに直接関連します。

高いクロックスピードを持つCPUほど、1秒間により多くの計算を処理できるため、ゲームと配信の両方でスムーズな体験が期待できます。

特に、ゲームが要求するリソースが大きい場合や、高解像度でのストリーミングを行う場合に、高速なCPUが重宝されます。

また、ゲーミングと配信の両方において重要なのが、CPUのサーマルデザインパワー(TDP)です。

これは、CPUが発生させることが予想される最大熱量を示し、冷却システムの設計にも影響を与えます。

適切なTDPの値を持つCPUを選ぶことで、長時間の使用においてもパフォーマンスの劣化を防ぐことができ、その結果、配信中のトラブルを減らすことに繋がります。

これらのスペックを踏まえた上で、最適なCPUを選ぶことが、プロフェッショナルなゲーミング配信環境を構築する上でのカギとなります。

信頼性高く、持続的な高性能を保ちつつ、配信内容をより魅力的に見せるためにも、適切な選択を心がけましょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41450 2388 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41398 2330 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41398 2330 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38850 2053 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38773 2025 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35749 2208 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35749 2208 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33989 2182 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33989 2182 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32754 2077 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32754 2077 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29452 2016 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29049 1946 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27219 2021 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24806 2078 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24806 2078 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22225 1926 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20500 1992 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19637 1914 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17850 1795 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16154 1757 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16154 1757 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15391 1958 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9136 1726 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9136 1726 公式 価格

マルチタスクに強いCPUがストリーマーにおすすめ

プロストリーマーにとって、マルチタスクの処理能力は極めて重要です。

ストリーミング中にはゲームのプレイはもちろん、同時に複数のソフトウェアを稼働させる必要があります。

これには、高度な動画編集ツールやコミュニケーションツール、さらにはブラウジングといったタスクが含まれるため、CPUの選択が配信品質を大きく左右します。

多くのコアとスレッドを持つCPUは、これらの複数タスクを同時に効率良く処理できるため、スムーズなゲーミング配信を実現します。

インテルのCore i9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズは、多くのコアを持ち、高いマルチスレッディング性能を誇ります。

これらのCPUは、高負荷な状況下でも安定したパフォーマンスを提供し、フレームドロップやラグを最小限に抑えることができるため、視聴者に快適な視聴体験を提供し続けることが可能です。

また、これらのプロセッサは将来的にも対応が可能な拡張性を有している点も大きなメリットです。

ゲーミング配信で求められるのは、ただ処理速度が速いだけではなく、複数のアプリケーションが同時に滑らかに動くことです。

そのために適切なCPUを選ぶことは、ストリームの品質を保つために不可欠であり、ストリーマーのパフォーマンスを存分に発揮させるためにも重要なポイントです。

プロのストリーマーを目指す方には、高いマルチタスク性能を持つCPUの選定をお勧めします。

ゲームプレイと配信の同時処理を可能にするCPUとは

ゲーミングPCでの配信において、ゲームプレイと配信の同時処理能力は非常に重要です。

これを確実にこなすためには、多核心・多スレッドを持つCPUが推奨されます。

具体的には、AMDのRyzenやIntelのCore iシリーズなどがあります。

これらのプロセッサーは、高いマルチタスク性能を持つため、ゲームのプレイ中にも動画のエンコーディングを効率良く行うことができます。

特に、ゲーミングと配信を同時に行う際には、CPUの負荷が大幅に増加します。

そのため、コア数が多いほど、個々のタスクをスムーズに処理でき、ゲームのフレームレートの低下や配信の遅延を防ぐことが可能です。

例えば、AMD Ryzen 9やIntel Core i9のようなハイエンドモデルは、8コア以上を搭載しており、これにより高解像度でのストリーミングや重いグラフィック設定のゲームも問題なく扱うことができます。

さらに、ゲーミングPCのCPU選びで重視したいのは、そのクロック速度とキャッシュの大きさです。

これらの要素が性能に直結し、特にストリーミングの際には高速なデータ処理が求められます。

ゲームと配信という二つの重いプロセスを同時に扱うためには、これらのスペックをしっかりと見極めることが重要です。

このようにして適切なCPUを選ぶことで、ゲーミングPCを用いた配信は、より高品質で滑らかなものになるでしょう。

そして視聴者にとって快適な視聴体験を提供することができるはずです。

画質を左右するグラフィックボードの秘訣

画質を左右するグラフィックボードの秘訣

高画質配信のためのGPUの重要性

高画質配信のためのGPUの重要性として、ゲーミングPC内でのグラフィックボード(GPU)の役割は非常に重要です。

特に配信を行う際に求められる高品質な画像を実現するためには、高性能なGPUが必須となります。

ストリーミングでは、複数の処理を同時に迅速に行う能力が求められるため、強力なグラフィックボードがその負荷を軽減し、スムーズなビデオ配信を可能にします。

例えば、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズは、エンコーダーを搭載しており、これが高解像度での配信時の画質のクリアさとフレームレートの安定を向上させるのに寄与します。

ゲームのビジュアルをリアルタイムでエンコードするこの機能は、視聴者にとって魅力的な視覚体験を提供し、配信者のファンベース拡大にもつながります。

配信用のゲーミングPCを選ぶ際には、現在のおよび将来のゲームタイトルに対応するための十分な性能をもつGPUを選ぶことが重要です。

最新ゲームの推奨スペックを考慮して、少なくともそれをクリアするか、それ以上の性能を有するグラフィックボードを選ぶことが望ましいでしょう。

これにより、長期間にわたって高品質なゲームストリーミングが可能となり、技術の進化にも柔軟に対応できます。

したがって、プロストリーマーとして成功するためには、最適なグラフィックボード選びが不可欠です。

市場にはさまざまなモデルがありますが、自身のニーズに合ったものを選ぶことが、最高の配信体験を提供する鍵となります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36394 73214 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30264 72518 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29305 67491 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26323 66680 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23870 54962 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20044 49859 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19351 50499 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18075 45318 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17091 41925 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13540 34184 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13539 34628 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13422 34004 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12538 30007 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10890 31350 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10718 28232 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10709 27163 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7379 19379 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6309 15845 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

フレームレートと解像度のバランスを保つには

ゲーミングPCでの配信において、フレームレートと解像度のバランスは視聴体験に大きく影響します。

高い解像度であるほど、画像は鮮明になりますが、それにはより強力なグラフィックボードが必要です。

一方、フレームレートが高いと動きのスムーズさが保たれ、アクションが多いゲームでは特に重要になります。

これら二つのバランスを取ることは、ストリーミングの品質を左右するため、配信者にとって重要な技術的判断が求められます。

具体的には、解像度を1080pと設定し、フレームレートは60fpsに保つのが一般的な選択肢です。

これにより、多くの視聴者が満足するクオリティを提供しつつ、多くのゲーミングPCのグラフィック能力内で処理可能となります。

ただし、より高品質な配信を目指す場合は、4K解像度に対応することで、更に詳細な画像を提供できますが、これはグラフィックボードに大きな負荷を与えるため、最新の技術を搭載した高性能なモデルを選ぶ必要があります。

こうした技術的な選択は、ターゲットとする視聴者層や、配信するゲームのタイプ、さらには予算など、配信者の具体的な状況に左右されるため、一概にどちらが良いとは言えません。

それぞれのストリーマーは自身のニーズに最も合ったバランスを見極めることが求められます。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

進化したパフォーマンス、アドバンスドゲーミングPC
抜群のグラフィックと最速のメモリ?ハーモナイズの実現
クリアパネルで見せる洗練、スタイリッシュなミドルタワーケース
Core i7の速さが味方に、没入型ゲーム体験を実現

【ZEFT Z47AW スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT R46A

パソコンショップSEVEN ZEFT R46A

ハイエンドパフォーマンス、没入型ゲーム体験を実現するゲーミングPC
最新のグラフィック・堅牢性とパワーの調和、ラグナロク級のゲームスペック
透明なサイドパネルから輝くRGB、アートピースのようなミドルタワーケース
Ryzen 9 7950X搭載、コアの力で創造と破壊を司る

【ZEFT R46A スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LS720
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R46A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DE

最先端ゲーム体験に圧倒的、革新的パフォーマンスのモデル
RTX 4070と32GBメモリが織りなす、圧倒的スペックのハーモニー
クリアパネルが映える、スタイリッシュなMid-Towerケースで秀逸デザイン
脅威の速さ、Core i9 14900が引き出すパワフルな演算力

【ZEFT Z47DE スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DE

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JC

パソコンショップSEVEN ZEFT R53JC

力強いパフォーマンスとスマートな運用が魅力のミドルクラスのゲーミングPC
RTX 4060TiとRyzen 7 7800X3Dが織り成す圧巻のバランススペックマシン
シックでモダン、Fractalの筐体には秘められた美学がミニマリストデザインのケース
最新作へ妥協なし! Ryzen 7 7800X3Dで極限のマルチタスクを実現するPC

【ZEFT R53JC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53JC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAD

快速性能と拡張性を兼ね備えたアドバンストスタンダードのゲーミングPC
最新ゲームも妥協なし!バランス良く配されたスペックでスムーズなプレイを実現
美しきホワイトキューブ、コンパクトながら圧倒的存在感のデザインモデル
至高の処理速度を誇る、新世代のエッセンシャル心臓部「Core i5 14600KF」

【ZEFT Z45XAD スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAD

ゲーミング配信で求められる最適なグラフィックス設定

ゲーミング配信で最適なグラフィックス設定を選ぶ場合、ストリーマーは複数の要素を考慮する必要があります。

まず、配信の目的と視聴者の期待を把握し、それに合わせてグラフィックスの解像度とフレームレートを設定することが重要です。

一般的に、1080pの解像度が最もバランスが良く、広範囲の視聴者に対応できますが、より高いクオリティを求める場合は1440pや4Kが選択肢に入ります。

また、配信内容に応じたフレームレートの選択も重要です。

高速アクションが多いゲームの場合、少なくとも60fpsは確保したいところです。

これにより、動きの激しいシーンでも視聴者に滑らかな映像を提供できます。

逆に、ストラテジーやカードゲームなど比較的静的なゲームの場合は、30fpsでも十分なことが多いです。

さらに、エンコーダの設定もパフォーマンスに大きく影響します。

ソフトウェアエンコーダとハードウェアエンコーダがありますが、配信の安定性やCPUへの負荷を考慮して、ハードウェアエンコーダ(特にグラフィックカードに内蔵されているNVENCなど)の使用が推奨されます。

これにより、ゲームプレイのパフォーマンスを最大限に保ちつつ、高品質なストリーミングが可能になります。

これらのポイントを踏まえ、ゲーミング配信では最良の映像体験を提供するために適切なグラフィックス設定の選択が欠かせません。

視聴者に最高の視覚的満足を提供することで、ストリーマーの人気も高まるでしょう。

スムーズなゲーミング配信のためのメモリ選び

スムーズなゲーミング配信のためのメモリ選び

配信に適したメモリ容量とは?

ゲーミング配信を行う際には、メモリ容量がパフォーマンスに与える影響を正確に理解することが不可欠です。

一般的に、ゲームプレイのスムーズさと配信のクオリティは、使用するメモリの量に直接関係しています。

配信に最適なメモリ容量は、使用するゲームの要求だけでなく、実行する配信ソフトウェアにも左右されます。

ゲームの種類によっては、大量のデータをリアルタイムで処理する必要があるため、少なくとも16GBのメモリを搭載することが推奨されます。

特に、高解像度での配信や、複数のアプリケーションを同時に使用する場合には、32GBあるいはそれ以上のメモリを搭載していることが望ましいです。

これにより、ゲームと配信の両方で求められる負荷を効率良く処理し、視聴者に高品質なストリーミング体験を提供できます。

メモリは単に多ければ良いというものではなく、システム全体のバランスを考え選ぶ必要があることも重要です。

プロセッサやグラフィックカードといった他のコンポーネントとの兼ね合いで、最適なメモリ容量を選定することが効果的なパフォーマンス向上につながります。

また、将来的なアップグレードも視野に入れると、メモリスロットの空きを残しておくなどの計画も考慮すると良いでしょう。

このように、配信を行う際のメモリ選びは、単に容量だけでなく、その質や拡張性にも注意を払うことが求められます。

メモリ速度が配信品質に与える影響

ゲーミング配信においては、高速なメモリが重要な役割を果たします。

メモリ速度が遅いと、ゲームのプレイ中にデータの読み込みが遅れ、配信中の映像がカクついたり、遅延が発生したりすることがあります。

特に、高解像度でのストリーミングや複数のアプリケーションを同時に使用する場合、速度の遅いメモリはパフォーマンスの低下を招くことになります。

また、メモリの速度は、ゲームのローディング時間にも直接的に影響を及ぼします。

ゲームがスムーズにロードされず、視聴者が待たされる事態は、視聴体験を著しく損なうことになります。

これにより、視聴者が配信を離れる可能性が高くなります。

そのため、高速なメモリは視聴者を引きつけ、快適な視聴体験を提供するために必須です。

ゲーミング専用の高性能メモリを選ぶことにより、システム全体のレスポンスが向上し、ゲームだけでなく配信ツールも効率的に動作します。

これにより、配信内容がより魅力的で、視聴者とのインタラクションも活発になり、配信者としての評価が高まる可能性があります。

メモリを選ぶ際には、その速度だけでなく、安定性や互換性にも注目して、最適なパフォーマンスを実現できる製品を選ぶことが大切です。


マルチタスク配信で注意すべきメモリ管理

ゲーミング配信とマルチタスク処理をスムーズに行うためには、PCのメモリ管理が非常に重要です。

特に、複数のアプリケーションを同時に動かす場合、必要とされるメモリ量は格段に増加します。

たとえば、ゲームをプレイしながら、配信ソフト、チャットアプリ、ブラウザなどを開いていると、これら全てのアプリケーションが同時にメモリリソースを要求します。

この時、メモリが不足しているとPCの動作が遅くなるだけでなく、配信の品質にも影響を与え、視聴者に悪い印象を与える可能性があります。

そのため、メモリは多ければ多いほど良いとされていますが、最低でも16GB以上を搭載しているPCを選ぶことをおすすめします。

さらに、メモリの速度も配信のパフォーマンスに影響するため、高速なメモリを選定することも重要です。

これにより、PCがスムーズに動作し、快適な配信環境を提供することが可能となります。

ストレージ選択で快適ゲーミング&配信ライフを

ストレージ選択で快適ゲーミング&配信ライフを

ゲームデータとライブ配信のための最適なストレージ容量

ストレージの容量は、ゲーミングPCでの快適なプレイと効率的なライブ配信には欠かせない要素です。

ゲームのデータは年々増加傾向にあり、特に最新のトリプルAタイトルでは数十ギガバイトを超えることが珍しくありません。

これに加えて、高解像度でのライブ配信を考慮すると、さらに多くのデータ容量が必要となります。

そのため、最低でも1TB以上のSSDを推奨します。

SSDの速度はHDDに比べて圧倒的に速いため、ゲームのロード時間の短縮にも寄与し、配信中のCPUやGPUの負荷軽減にもつながります。

また、ライブ配信のアーカイブを保存する場合、長時間配信を行うストリーマーであれば、さらなるストレージ容量が求められます。

この場合、メインのSSDとは別に大容量のHDDを追加することで、コストパフォーマンスを保ちつつ、必要なデータを確実に保存できます。

ゲームのインストールと頻繁にアクセスするファイルはSSDに、録画したビデオファイルやアーカイブはHDDに保存する方法が一般的です。

選択するストレージの種類や容量は、使用するゲームの種類や配信の形式によって異なりますが、将来的な拡張性も考慮して、可能な限り大きな容量の選択をおすすめします。

快適なゲーミングライフとスムーズなライブ配信のためには、このようなストレージ戦略が重要です。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ゲーミングPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFF

熱いゲーマーのための冷静なミドルレンジゲーミングPC
トップクラスのCPU、優れたバランスのVGA、迅速なメモリで極上のリソース配分
明るく彩るRGB、透明な面持ちのXLエアケース、美と機能の融合
パワーの源、Core i9 14900KF。処理速度の新境地へ

【ZEFT Z45BFF スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFF

パソコンショップSEVEN ZEFT R46FB

パソコンショップSEVEN ZEFT R46FB

夢中になるゲーミング体験を実現するアドバンスドモデル、筋金入りのテクノロジー充実のPC
最上級のパフォーマンスを実現するバランス、64GBの巨大メモリと高速SSD搭載のスペック!
静かな嵐、静音に包まれる洗練されたケースが特徴、デザインと機能美が共存するマシン
多業務を軽快にこなす心臓部、Ryzen9は速さと安定性を兼ね備えたCPU

【ZEFT R46FB スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LS720
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R46FB

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CV

パソコンショップSEVEN ZEFT R44CV

画期的なゲーミング性能を実現する、ストリーマーも唸るゲーミングPC
圧倒的グラフィックと応答速度、鮮やかスムーズなゲームプレイに最適なスペック
透明なパネルで光るパフォーマンスをアピール、見た目もスタイリッシュなミドルタワーモデル
先進的な演算力、Ryzen 9のパワーでタスクを即座に処理

【ZEFT R44CV スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R44CV

パソコンショップSEVEN ZEFT R57H

パソコンショップSEVEN ZEFT R57H

非凡なパフォーマンス、スタイリッシュなデザイン、ミドルレンジランクの究極のゲーミングPC
優れたCPU性能と洗練されたVGA、頼れるメモリで均整の取れたスペックを誇るマシン
見る者を虜にするCorsair 5000X RGBケース、クリアパネルで輝くスタイル
刃を研ぎ澄ますように、Ryzen 9 7900Xが切れ味鋭くタスクを処理

【ZEFT R57H スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57H

SSDとHDD、配信における違いとは

ゲーミングPCと配信機材を選ぶ際、ストレージ選択は非常に重要な役割を果たします。

SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)では、その性能に大きな違いがあり、特にライブ配信の質に直接影響を及ぼします。

SSDはデータの読み書き速度が非常に速く、ゲームやアプリケーションのロード時間を大幅に短縮することができます。

これにより、ゲーム中のレスポンスが向上し、ストリーミング時にも滑らかで途切れのない映像を提供することができます。

一方、HDDは比較的読み書き速度が遅く、データの処理に時間がかかるため、配信中にゲームが引っかかることがあります。

ストリーマーにとって配信の品質は視聴者を惹きつける上で非常に重要です。

高速なSSDによる快適なゲーミング体験と安定した配信は、多くのファンを獲得し、チャンネルの成長に繋がります。

そのため、配信を主に考えたPC構成であれば、OSやプログラム用にSSDをメインとして使用し、録画データや一時ファイル用にはHDDを併用するという方法が推奨されます。

SSDの高速アクセスにより、配信中のCPUやGPUの負担を軽減でき、より高品質なストリームを実現することができます。

長時間配信でも安心、耐久性のあるストレージの選び方

長時間の配信に耐えうるストレージの選択は、ゲーミングPCでの快適な体験を左右します。

特にストリーミング中は、多くのデータを素早く読み書きする必要があるため、ストレージの性能が直接配信の質に影響を及ぼすのです。

耐久性に優れたSSD(Solid State Drive)は、この点で非常に有効です。

SSDは従来のHDD(Hard Disk Drive)に比べて読み書き速度が格段に速い上、動作部品がないため、物理的な摩耗が少なく、長時間の運用に適しています。

更に、SSD内のフラッシュメモリーは断片化の影響を受けにくいため、長時間使用してもパフォーマンスの低下が少ないという利点も持ちます。

ただし、SSDを選ぶ際は、耐書き込み量を示すTBW(Total Bytes Written)値やDWPD(Drive Writes Per Day)値を確認することが重要です。

これにより、ストレージがデータの書き込みにどれだけ耐えられるかが分かり、耐久性を比較する一助となります。

また、ストリーミング用途では、システムとゲームデータを分けて保存するために、少なくとも二台のSSDを設置するのが望ましいです。

一台はOSと基本的なアプリケーション用、もう一台はゲームインストール用です。

これにより、システムの動作とゲームのロードが同時に行われ、全体のパフォーマンスが向上します。

適切なストレージ選択は、プロストリーマーにとって配信の質を保ち、視聴者に最高の体験を提供するための鍵となるのです。

プロが選ぶ! ゲーミングPC配信におすすめのケース設計

プロが選ぶ! ゲーミングPC配信におすすめのケース設計

配信中のPCオーバーヒートを防ぐケースの特徴

ゲーミングPCを使った長時間の配信中にも安心できるよう、オーバーヒート対策が施されたケースの設計は非常に重要です。

配信中のPCオーバーヒートを防ぐためには、適切なエアフローと冷却機能が備わったケースを選ぶことが肝心です。

特に、良いエアフローを確保するために、ケースの前面と背面には十分な通気口が設けられている必要があります。

加えて、ケースの内部が広いことも重要で、空間が確保されていることにより、熱がこもりにくくなります。

さらに、高品質のファンやリキッドクーリングシステムのサポートが可能なケースを選ぶことで、高温になりがちな部品を積極的に冷却することができます。

これにより、PCのパフォーマンスが長時間維持され、快適な配信環境を構築することが達成されます。

したがって、配信用ゲーミングPCを選ぶ際には、これらの冷却機能が充実しているケースを選ぶことをおすすめします。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Z

エンスージアスト級ゲーミングPC、高速なプレイ体験を提供する64GBメモリ装備のハイグレードマシン
最新のRTX 4060Tiが映し出す、印象的な映像美。強力なi7がサポートする、均整のとれたスペック
エレガントなホワイトケースに映えるクリアパネル、美しさとクーリング性能を備えたH5 Flowデザイン
高速処理を生む、最新i7プロセッサ。クリエイティブ作業もスムーズにこなすPC

【ZEFT Z45Z スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

高性能ゲームに適したパフォーマンス、スタンダードに新たな基準を―その名は、アドバンストゲーミングPC
注目のバランス―GeForce RTX 4060Tiと32GBメモリがもたらす圧倒的パワーハーモニー
クリアパネルから覗く先進技術、ミドルタワーケースのお洒落なフォルム
快速に進化したCore i7 14700が君臨する未来型パフォーマンス

【ZEFT Z47BK スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAD

快速性能と拡張性を兼ね備えたアドバンストスタンダードのゲーミングPC
最新ゲームも妥協なし!バランス良く配されたスペックでスムーズなプレイを実現
美しきホワイトキューブ、コンパクトながら圧倒的存在感のデザインモデル
至高の処理速度を誇る、新世代のエッセンシャル心臓部「Core i5 14600KF」

【ZEFT Z45XAD スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

プロ級のパフォーマンスを求めるゲーマーへ、最新のソフィスティケートスタンダードゲーミングPC
シームレスなゲームプレイのためにバランス良く選ばれた高性能スペック
Antec P10 FLUXの静粛性と洗練されたミドルタワーが纏うシックな魅力
驚異の計算力とマルチタスク性能、Core i7 14700KFが動力源

【ZEFT Z45APB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45APB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AO

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AO

高速&高解像度ゲームに対応、ミドルグレードのパワフルゲーミングPC
ゲームも作業もスムーズ!32GBメモリ&高速1TB SSD、理想のバランス
静かな強さ、Silencio S600。見た目も中身もクールなデザインモデル
Core i7-14700F搭載、マルチタスクも快適なエキスパート性能

【ZEFT Z47AO スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AO

カスタマイズ可能なケースで自分だけの配信環境を

プロストリーマーとして成功を収めるためには、自分だけの個性を出すことが極めて重要です。

その一環として、ゲーミングPCのケース選びにも注意が必要になります。

カスタマイズ可能なケースは、そのデザインや機能性において自分のニーズに合わせることができるため、配信環境を最適化する大きな鍵となります。

例えば、明るいLEDライティングや透明なサイドパネルを選ぶことで、視聴者に対して魅力的な視覚的効果を提供できます。

さらに、拡張スロットが豊富に備わったケースを選べば、将来的に必要になるかもしれない追加ハードウェアのスペースにも困ることはありません。

エアフローや冷却システムが優れているケースを選ぶことは、長時間のストリーミングでPCが発する熱を効率よく管理し、パフォーマンスの低下を防ぐ手助けとなるでしょう。

これらの要素を考慮してケースを選ぶことで、安定した配信環境を実現し、視聴者に最高のエンターテイメントを提供することが可能です。

ゲーミングPCの見た目も重視! デザイン性の高いケース選び

ゲーミングPCのケース選びにおいて、デザイン性はただの装飾ではありません。

多くのプロストリーマーたちは、視聴者に与える印象を形作るために、見た目にもこだわりを持っています。

魅力的なデザインは、視聴者の目を引き、配信内容だけでなく、使用している機材にも興味を持ってもらいやすくなります。

特にクリアサイドパネルが付いているモデルは人気があり、内部の構成部品が見えるため、LEDライティングと組み合わせることで、さらに個性的な配信環境を演出できます。

また、デザイン性の高いケースは、通常、良好なエアフロー設計が施されており、長時間の使用においても高性能を維持しやすいです。

このように、外観と機能性を兼ね備えたケースは、配信の品質を保つ上で重要な役割を果たしています。

それゆえに、ストリーマーが自身のブランドを築く上で、デザイン性の高いケースは強力なツールとなり得ます。

選択する際には、個性を表現し、かつ実用的な機能を持つ製品を選ぶことが推奨されます。


マザーボードが決め手、安定した配信環境の構築

マザーボードが決め手、安定した配信環境の構築

ゲーミングと配信のために重要なマザーボードの機能

ゲーミングと配信のために必要なマザーボードの機能として、まず重要なのは高いデータ転送速度を保持する能力です。

ストリーミング中には大量のデータがリアルタイムでやり取りされるため、速度が遅いと画像が途切れたり、遅延が生じることがあります。

これを避けるために、最新のチップセットや高速なネットワークインターフェースが搭載されたモデルを選ぶことが望ましいです。

次に、マザーボードは複数の高性能GPUをサポートできる能力も求められます。

特に高解像度でのゲーム配信やVRコンテンツなどを扱う場合、複数のグラフィックカードを効率良く動かすことができるPCI Expressスロットの拡充とバンド幅が重要です。

また、信頼性の高い電力供給も欠かせません。

システムが安定して動作するためには、安定した電力供給が必要で、それを支える強化されたVRM(電圧レギュレータモジュール)や高品質のコンデンサが装備されていることが推奨されます。

これらの機能により、長時間にわたる配信でもシステムの安定性を保ち、いかなる場面でもユーザーに高品質な配信を提供することが可能になります。

これらのポイントを意識してマザーボードを選ぶことで、プロフェッショナルな配信環境を構築することができるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

エクスパンションスロットの選択で将来性を確保

エクスパンションスロットの選択は、将来的なアップグレードや拡張性を考慮する上で極めて重要です。

特に、ゲーミングPCでの配信活動においては、複数のビデオカードやキャプチャカードを利用するケースが多く、これらの拡張カードを追加するための十分なスロットが必要となります。

PCI Express x16スロットは、高性能なグラフィックカードを搭載するために適しており、複数存在することでSLIやCrossFireといったマルチGPU設定が可能になるため、さらに高い画質でのストリーミングが実現可能です。

また、サウンドカードやネットワークカードなど、配信品質を向上させるための追加カードもPCI ExpressやPCIスロットを使用します。

これらのスロットの適切な選択と配置は、システムの拡張性とカスタマイズ性を高め、長期にわたる使用においても技術の進歩に柔軟に対応できるようにします。

ゲーミングPCを選ぶ際には、現在のニーズに加えて将来的な拡張も視野に入れたマザーボード選びが求められます。

適切なエクスパンションスロットを備えたマザーボードを選ぶことで、長期的な視点でコストパフォーマンスも大幅に向上し、さまざまなユーザーの要求に応える柔軟なパソコン環境を構築できます。

この点を見落とすと、必要な拡張ができないために新たなシステムへの投資が必要になりかねませんので、配信を極めるためには非常に重要なポイントです。

マザーボード選びで差がつく高音質ストリーミング

マザーボードの選択は、ゲーミングPCにおいて高品質な配信環境を実現するための非常に重要な要素です。

特に音質に関しては、放送中の声やゲーム音がクリアであることが視聴者の満足度を大きく左右します。

そのため、マザーボードには高性能なオーディオ機能が内蔵されているものを選ぶことが重要です。

一流のマザーボードでは、専用の音声チップセットが搭載されていて、ノイズの少ないクリアなサウンドを実現します。

たとえば、一部の高級マザーボードには、ESS Sabre HiFiなどのオーディオチップが使用され、スタジオ品質の音声を提供することができます。

このようなチップは、高解像度の音声データを精密に処理し、配信中に重要な細かい音のニュアンスまで明確に伝えることが可能です。

また、オーディオ出力の際のクロスオーバー歪みや電磁干渉を最小限に抑えるための設計がされていることも、高品質なマザーボードの特徴です。

埋め込まれたシールド技術や専用のオーディオPCBレイヤーが、より安定したオーディオ性能を保証します。

これにより、配信時に不意の雑音や干渉が入る心配が軽減され、常にクリアな音声を提供できるのです。

このようにマザーボードを適切に選ぶことで、高音質な配信が可能となり、より多くの視聴者を引きつけることができます。

選び方一つで大きく配信の品質が変わるため、購入前にはそのスペックと機能に注目して、自身の配信内容に最適なものを見つけることが大切です。

ゲーミングPCの心臓部、電源ユニットの選び方

ゲーミングPCの心臓部、電源ユニットの選び方

高性能PCに適した電源ユニットのスペックとは

高性能PCに適した電源ユニットのスペックを選ぶ際には、まず出力の大きさを確認することが重要です。

ゲーミングPCや配信用PCは高性能なグラフィックカードや複数のCPUを搭載することが多く、これらは大量の電力を消費します。

通常、最低でも600ワット以上の電源が推奨されますが、使用する部品の性能や組み合わせによっては、それ以上の1000ワットを超えるような電源が必要になるケースもあります。

次に注目すべき点は効率です。

電源ユニットには80 PLUSという認証があり、これにはBronze, Silver, Gold, Platinum, Titaniumといったランクが存在します。

これらの認証は、電源の効率性を示しており、ランクが高いほど余計な電力を消費せずに済むため、電気代の節約にも繋がり、またシステム全体の熱負荷を低減してくれます。

さらに、電源ユニット選びには安定性も重要な要素となります。

高品質なコンデンサや保護回路が搭載された電源ユニットを選ぶことで、電力の変動からPCの敏感な部品を守り、より長く安定して使用することができます。

特に配信中にシステムが停止することは避けたいため、信頼性の高い電源の選定をお勧めします。

これらの点を踏まえ、自分のPCの用途や構成に合った電源ユニットを選ぶことが、最適なゲーミングPC構築の鍵となります。

配信時の安定性を高める電源ユニットの選定ポイント

ゲーミングPCでの配信活動においては、中断や不具合なく快適に配信を行うために、電源ユニットの安定性が極めて重要です。

電源ユニットが不安定だと、画質や音声に影響が出る可能性があり、視聴者に悪い印象を与えかねません。

そのため、配信時の安定性を高めるポイントを理解し、適切な選定を行う必要があります。

まずは、電源ユニットの出力容量を確認しましょう。

ゲーミングPCは高性能なグラフィックカードや多くの周辺機器を使用するため、消費電力が通常よりも高くなります。

配信中にもPCはフルパフォーマンスで動作することが多いため、余裕を持った出力容量を持つ電源ユニットを選ぶことが重要です。

具体的には、システム全体の消費電力の合計よりも少なくとも20%以上高い出力容量を推奨されています。

次に、電源ユニットの効率等級に着目します。

80 PLUS認証がされている電源は効率が良く、無駄な電力消費を抑えることができます。

効率が良いということは、発熱が少なく、ファンの回転数が抑えられるため、より静かに配信を行うことが可能となります。

特に80 PLUS GoldやPlatinum認証を受けた製品は、より高い効率を誇ります。

最後に、電源ユニットの保護機能も重要です。

過電流保護(OCP)、過電圧保護(OVP)、過熱保護(OTP)など、様々な保護機能を備えている製品を選ぶことで、予期せぬトラブルからPCを守ることができます。

これにより、長時間にわたる配信も安心して行うことができます。

以上の点を踏まえて、自身の使用状況に合った電源ユニットを選定することが、配信の品質を左右する重要な要素となります。

電源ユニットから読み解くゲーミングPCの信頼性

ゲーミングPCの電源ユニットは、安定したパフォーマンスを長時間提供するために必要不可欠です。

特に配信中には、PCは高負荷がかかるため、信頼性の高い電源ユニットが求められます。

電源ユニットの品質は、その効率ラベルである80 PLUS認証によって測定されます。

80 PLUS Gold以上の認証を受けた電源ユニットは、効率が高く、無駄な電力を最小限に抑えることができます。

これにより、電源ユニットが発生する熱が少なく、結果としてシステム全体の冷却効率も向上します。

さらに、出力容量もゲーミングPCの信頼性に関わる重要なファクターです。

配信用に最適化されたPCでは、グラフィックカードやCPUといったコンポーネントが連続して高出力を必要とするため、電源ユニットは全体の負荷に対して十分な余裕を持って選ばれるべきです。

例えば、システム全体で500ワットを使う場合、650ワット以上の電源ユニットを選ぶことが推奨されます。

最後に、電源ユニットの信頼性を左右するのは保護機能にもあります。

過電流保護(OCP)、過電圧保護(OVP)、過熱保護(OTP)などの機能が整備されているかどうかは、安全かつ安定した配信活動に不可欠です。

これらの保護機能が充実していればいるほど、予期せぬ電源トラブルからPCを守り、長時間にわたるストリーミング配信でも安心して使用することができます。

冷却装置、配信者が押さえるべき冷却テクニック

冷却装置、配信者が押さえるべき冷却テクニック

長時間配信に耐える冷却システムの役割

長時間の配信では、パフォーマンス低下やシステム障害を防ぐために、ゲーミングPCの冷却システムが重要な役割を果たします。

高性能なプロセッサーやグラフィックカードは大量の熱を発生させるため、効果的な冷却装置が不可欠です。

特に長時間連続して使用する場合、内部の熱が蓄積しやすく、これが原因でハードウェアの劣化や意図しないエラーが発生することがあります。

ゲーミングPCでは、一般的に大型のヒートシンクや複数のファン、高品質の熱伝導材料を使用して熱を効率良く外へ逃がす設計がされています。

さらに、液体冷却システムを採用することで、より高い冷却効果が期待できます。

これによりCPUやGPUは最適な温度を保ちながら連続して高い性能を発揮することができ、ストリーマーは安定した配信を実現できます。

また、適切な冷却システムは、PCの騒音レベルを大幅に低減させる効果も持ちます。

配信ではマイクが周囲の音を拾いやすいため、ファンの騒音が少ない静かなPCは配信のクオリティーを向上させる一因となります。

そのため、冷却効率と騒音のバランスを取ったシステム選びが推奨されます。

ゲーミングPCを選ぶ際には、これらの特性を考慮した冷却システムが組み込まれているかを確認し、長時間の配信も安心して楽しめることが大切です。


水冷式と空冷式、ゲーミング配信に適した選択は?

ゲーミングPCにおいて配信を行う際、PCの冷却装置は非常に重要です。

特に長時間の配信では、PCの発熱が激しくなりがちで、これを適切に管理することが必要です。

適切な冷却装置の選択は、PCのパフォーマンス保持と機器の寿命を延ばすために欠かせません。

主に選択肢となるのが水冷式と空冷式の冷却装置です。

それぞれにはメリットとデメリットがあります。

水冷式冷却はその冷却効果の高さから、高パフォーマンスを要求されるゲーミングPCに適しています。

水を利用した冷却システムにより、CPUの熱を効率よく外部へと逃がすことができるため、長時間の使用でもPCの温度を安定させやすくなります。

一方で、水冷式は価格が高めで、設置やメンテナンスがやや複雑です。

次に、空冷式ですが、これはファンを使用して熱を排出するシステムです。

水冷式に比べて設置やメンテナンスが簡単で、コストも抑えられます。

しかしながら、極端な高負荷下では水冷式に比べて冷却効果が劣る場合があります。

ゲーミング配信を行う際には、PCが長時間にわたって高性能を維持することが求められるため、冷却装置の選択は重要です。

水冷式は高性能を維持するための有力な選択肢と言えるでしょう。

しかし、予算や取り扱いの容易さを考慮すると空冷式も十分に検討すべきです。

それぞれの利点を理解し、自身の配信ニーズと状況に最適な冷却方法を選ぶことが、成功への鍵となります。

冷却装置のパフォーマンスを最大化する配置の工夫

ゲーミングPCの配信で高いパフォーマンスを維持するためには、冷却装置の配置が非常に重要です。

特に、エアフローを考慮した設置が求められます。

PCケース内部の空気の流れをスムーズにすることで、熱い空気が部品に滞留するのを防ぎ、冷却効果を高めることが可能です。

また、ケースの前面や底部に取り付ける吸気ファンと、上部や背面に配置する排気ファンのバランスにも注意が必要です。

これらのファンは、内部の温度が高くなりがちなグラフィックカードやCPU付近に最適なエアフローを提供することが望ましいです。

ファンの速度は、使用しているソフトウェアやゲームの負荷に応じて調整することで、効率的な冷却が実現します。

さらに、ケースのデザインにも気を配ることが大切です。

通気性の良いメッシュタイプのフロントパネルや、多くのエアフロー用のスペースを確保した設計を選ぶことが、熱のこもりを減少させます。

これらの点を適切に管理することで、長時間にわたる配信でもゲーミングPCが最大限のパフォーマンスを発揮し続けることができ、ストリーミング中のトラブルを防ぐことにもつながります。

オペレーティングシステムの重要性とゲーミング配信

オペレーティングシステムの重要性とゲーミング配信

ストリーム配信で有利なOSの特性

オペレーティングシステム、略してOSは、ゲーミング配信の品質を左右する重要な要素です。

特に、ストリーム配信ではOSが提供する機能やパフォーマンスが直接的に配信内容に影響を及ぼします。

ゲームを快適に実行しながら同時に高画質での配信を実現するためには、高いマルチタスク能力とシステムの安定性が求められます。

例えば、Windows OSは広範なゲームの互換性および豊富なカスタマイズオプションを持っており、ストリーミングソフトウェアとの連携性が高いため、プロストリーマーには特に人気があります。

一方で、Mac OSもその優れたビジュアルインターフェースとシステム安定性で知られていますが、一部のストリーミングツールやカスタム設定が限られているため、配信のニーズに応じて選択が異なる可能性があります。

ゲームの種類や求める配信品質によっても、最適なOSは変わってくるため、自分の配信スタイルに合ったOSを選択することが非常に重要です。

安定した配信を行うためには、オペレーティングシステムが重要なサポート役を果たし、それによって視聴者に快適な視聴体験を提供することが可能となります。

OSごとのゲーム互換性と配信への影響

オペレーティングシステム(OS)は、ゲーミングPCにおいて配信品質とゲームのパフォーマンスに直接的な影響を与える重要な要素です。

特に、オペレーティングシステムによっては、互換性のあるゲームが異なり、これが配信の質に大きく作用します。

たとえば、Windowsは多くのゲームとハードウェアに最適化されているため、配信においても非常に高い互換性と安定性を誇ります。

一方、macOSやLinuxでは一部のゲームが非対応の場合があり、これがストリーミング環境の選択において重要な判断材料となります。

また、OSが異なると、使用できる配信ソフトウェアも変わってきます。

例えば、特定の配信ツールがWindows環境でしか利用できない場合や、macOSでしか動作しないユニークなソフトウェアも存在します。

これが、視聴体験においてどのように影響するかを考慮する必要があります。

OSのアップデートによる変化も無視できません。

新しいバージョンへの更新時には、ゲームや配信ソフトウェアの互換性が一時的に低下することがありますが、一方でセキュリティが強化されたり、システムの全体的なパフォーマンスが改善されることもあります。

このようにオペレーティングシステムがゲームの互換性や配信へ与える影響は多岐にわたります。

そのため、ストリーマーとして最適なゲーミングPCを選択する際には、これらの要素を総合的に考慮することが推奨されます。

更新とセキュリティ、配信者が考慮すべきOSの維持方法

オペレーティングシステム(OS)の定期的な更新とセキュリティ保護は、ゲーミング配信で高いパフォーマンスを維持するために欠かせない要素です。

特に配信者の方々が使用するOSは、ゲームのロード時間の短縮、映像のクリアさや安定したフレームレートの保持に直結しており、視聴者にとって魅力的なコンテンツを提供する上で中核となる部分です。

そのため、OSの更新は新しい機能の追加や既存のバグの修復だけでなく、セキュリティを強化し、不正アクセスやマルウェアからシステムを守ることが可能です。

これにより、配信中に予期しないトラブルが発生するリスクを大幅に減少させることができます。

また、OSを最新の状態に保つことで、ソフトウェアとの互換性も保たれ、最新のゲーミングソフトウェアや配信ツールがスムーズに動作します。

これは配信時のプロフェッショナリズムを示すとともに、高品質な配信を行うための基盤となります。

セキュリティの側面では、定期的にセキュリティパッチを適用することが推奨されており、これによりシステムの脆弱性を最小限に抑えることができます。

ゲーミング配信者にとって、OSの維持はただのメンテナンス作業ではなく、その配信の質を決定づける重要なプロセスです。

適切な更新とセキュリティの維持は、信頼できる配信環境を構築し、最終的にはファンを増やし、配信者自身のブランド価値を高める上で不可欠です。

そのため、常にOSは最新の状態に保ち、全てのソフトウェアが正常に機能しているかどうかを確認することが求められます。

ゲーミング配信に必要なネットワーク接続

ゲーミング配信に必要なネットワーク接続

ラグフリー配信のための最適なネットワーク設計

ゲーミング配信で最も重要なのは、途切れることなくスムーズな映像を視聴者に届けることです。

そのためには、ラグフリー配信のためのネットワーク設計が欠かせません。

配信用のゲーミングPCは、高速で安定したインターネット接続に接続されている必要があります。

速度だけでなく、通信の安定性も非常に重要です。

具体的には、有線LAN接続を使用することが推奨されます。

無線Wi-Fi接続では、周囲の電磁波の影響を受けやすく、データの送受信が不安定になることがあります。

さらに、アップロード速度は特に重視するべき点です。

高品質の映像をリアルタイムでアップロードするには、十分なアップロード速度が必要です。

一般的に、少なくとも5Mbps以上のアップロード速度があれば、基本的な720pの配信が可能ですが、1080pや4Kといった高解像度で配信する場合は、さらに高速なアップロード速度が求められます。

ネットワークの品質を保つためには、定期的な速度テストや、使用しないデバイスのネットワークからの切断、ルーターやモデムの適切な設定変更といったメンテナンスが必要です。

これにより、最適な状態で配信を行うことが可能となり、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

Wi-Fiと有線LAN、高速配信に適したのはどっち?

ゲーミング配信において、ネットワーク接続の選択は非常に重要です。

多くのプロストリーマーは、安定した配信を garantir sur するために有線LAN接続を推奨しています。

有線LANは信号の途切れが少なく、帯域幅が広いため、高画質でスムーズなストリーミングが可能です。

一方、Wi-Fi接続は設置が容易であり、場所を選ばずに使用できるメリットがありますが、他のデバイスとの干渉や壁などの障害物によって信号が不安定になりがちです。

特に1080pや4Kといった高解像度での配信を行う場合には、有線LAN接続がより信頼できる選択肢と言えます。

配信中に発生しがちなビデオの遅延や画質の低下を最小限に抑えることができます。

また、ゲーミングPCとルーター間の距離が近ければ近いほど、より速いデータ転送速度を得られるため、配信の品質が向上します。

そのため、環境が許す限り、有線LANを使用することが望ましいです。

しかし、配信場所が頻繁に変わる場合やケーブルの取り回しに困難が伴う場合には、Wi-Fi接続を快適に利用するために、最新のWi-Fi規格や高性能なルーターの導入も一考する価値があります。

どちらの方法も一長一短がありますので、使用環境や配信の要件をよく検討した上で、最適なネットワーク接続方法を選択することが重要です。


高速かつ安定した配信を可能にするネットワークアダプタ選び

ゲーミングPC配信で最も重要なのは、中断なくスムーズに配信を続けることです。

そのためには、高速かつ安定したインターネット接続が不可欠ですが、ここでキーポイントとなるのがネットワークアダプタの選択です。

適切なネットワークアダプタを選ぶことで、高品質なストリーミングを実現し、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

ネットワークアダプタ選びにおいて考慮すべきポイントは、まず帯域幅です。

帯域幅が広ければ広いほど、大量のデータを速く処理でき、画質や音質の低下を防ぎながら高速配信が可能です。

次に重要なのは、アダプタが無線か有線かの選択です。

有線接続は一般的に安定しており、配信中の接続断や遅延を少なくします。

しかし、設定の自由度が高く、使い勝手の良い無線も魅力的です。

使用する環境や配置の自由度を考えて、最適な選択をしましょう。

最後に、ネットワークアダプタがどれだけ最新の技術をサポートしているかもチェックが必要です。

特に、ストリームの品質を左右する重要な技術として、QoS(Quality of Service)のサポートは必見です。

これにより、ゲームや通話などの重要なデータが優先的に処理され、全体の通信品質を保つことができます。

ネットワークアダプタを選ぶ際は、これらのポイントを踏まえ、自身の配信内容と環境に合わせた製品を選ぶことで、プロとしての配信活動に不可欠な、高速で安定した配信環境を築くことができます。

USBとモニタの接続は配信品質を左右する

USBとモニタの接続は配信品質を左右する

必要なUSBポート数とその速度要件

ストリーミングの質を確保するためには、ゲーミングPCのUSBポートの数と速度が非常に重要です。

配信に必要なデバイスはマイク、カメラ、オーディオインタフェースなど多岐にわたります。

これら全てが同時に最高のパフォーマンスを発揮するためには、USBポートが十分に確保されている必要があります。

さらに、ただ多くのポートがあるだけでなく、それがUSB 3.0やUSB-Cなどの高速データ転送を支える規格であることが求められます。

高速なポートを使用することで、データの遅延や中断が抑えられ、よりスムーズな配信が可能となります。

たとえば、高解像度のカメラや高音質のマイクは、データ量が多いため、高速なUSBポートに接続することでその真価を発揮します。

そしてゲーミングPCを選ぶ際には、これらのポートが適切に配置されているかもチェックが必要です。

端子の位置が使いやすく、効率的な配信環境を構築できる配置になっていると、配信中の操作性も向上し、より快適に活動を行うことができます。

ゲーミングと配信を同時にこなすためのモニタ接続術

ゲーミングと配信を同時にこなす際には、モニタの接続方法が非常に重要です。

最適な配信品質を保つためには、ゲームプレイ用と配信用の二つのモニタを設定することがおすすめです。

このようにすることで、ゲームプレイに集中しながらも、配信画面を確認しやすくなり、視聴者にとっても快適な視聴体験を提供できます。

主モニターでは高解像度のゲームプレイを展開し、もう一つのモニターでは配信管理用のダッシュボードやチャットなどを表示させるのです。

また、モニターの接続には高品質のHDMIケーブルやDisplayPortケーブルを使用することで、映像の遅延や乱れを最小限に抑えることができます。

ケーブル選びも重要なポイントであり、信頼性の高いブランドの製品を選ぶことをお勧めします。

さらに、グラフィックカードの出力端子とモニターの入力端子の種類を事前に確認して、最も適した接続を計画することが重要です。

これらの小さな配慮が、ゲーミングと配信の両方で高いパフォーマンスを得るための鍵となるのです。

インターフェースごとのモニタ品質のちがい

ゲーミングPCでの配信を行う際、モニタとの接続インターフェースが重要な役割を担います。

例えば、HDMIとDisplayPortは、現在最も一般的に使用されている二つの接続方法です。

HDMIは音声と映像の両方を一つのケーブルで伝送できる利便性があり、サポートしている機器も多いため、手軽に利用できます。

しかし、最新のゲームを高解像度で楽しむ場合、特に4Kで120Hz以上を実現したい場合は、HDMIよりもDisplayPortの方が適しています。

DisplayPortは比較的新しい技術で、高帯域幅を必要とする映像データの転送に強みを持っているため、より鮮明な画像とスムーズなアニメーションを実現します。

プロのストリーマーにとっては、視聴者に最高の視覚体験を提供するために、これらの技術的な違いを理解し、状況に応じて最適なものを選択することが求められます。

ゲーム配信をスムーズに行い、ファンに最高の体験を提供するためにも、これらの知識は非常に価値があります。

パフォーマンスを際立たせるゲーミングPCの外観カスタマイズ

パフォーマンスを際立たせるゲーミングPCの外観カスタマイズ

個性を際立たせるRGBライティングとカスタムパーツ

ゲーミングPCの外観をカスタマイズする選択肢の中でも特に人気があるのが、RGBライティングとカスタムパーツです。

これらのカスタマイズは、単に美しさを追求するだけでなく、プロストリーマーとしての個性やブランドを際立たせる重要な要素となります。

RGBライティングでは、キーボード、マウス、ケースファンなどのPCコンポーネントが様々な色で光り、視覚的に魅力的な効果を生み出します。

色の選択や光のパターンを自由に設定できるため、配信時の映像がより引き立ち、視聴者に楽しんでもらうための演出としても機能します。

また、カスタムパーツに関しては、パーソナライズされたPCケースや特注のクーリングシステムなどがあります。

これらのパーツは、性能向上はもちろん、ゲーミングセットアップ全体の一部としてデザインされ、配信画面に登場するたびに注目を集めることが期待されます。

特にプロストリーマーにとって、これらのカスタマイズは自身のスタイルを表現する手段となり、フォロワーとのコネクションを強化する助けともなります。

視覚的にも技術的にも優れたカスタマイズは、配信の品質を向上させるとともに、ストリーミング体験を一層楽しむことを可能にします。

視聴者を引きつけるゲーミングPCのデザインポイント

ストリーミング時に視聴者の目を惹く要素の1つとして、ゲーミングPCのデザインは非常に重要です。

キャスタマイズはその表現の自由度をグッと高め、独自性を表現する重要な手段です。

例えば、LEDライトを利用したカスタマイズは大変人気があります。

これは内部のコンポーネントを明るく照らし出し、またその点灯パターンを変更することで、その日の気分やテーマに合わせた放送が可能です。

さらに、透明なサイドパネルの使用も視覚的魅力を増します。

内部の精巧な配線や美しく配置されたコンポーネントが見えることで、技術への理解やこだわりを視聴者にアピールできます。

また、ケースの外観に関しても、色彩やデザインのパターンを選ぶことができ、それによりストリーマーの個性やブランドを形作る要素となります。

特定の色をテーマにすることで視認性が高まり、視聴者がチャンネルをすぐに認識できるようになります。

さらに、パフォーマンスだけでなく、美学を追求することは、視聴者に長時間楽しく見てもらうためには欠かせない要素です。

ゲーミングPCのデザインが鮮やかで、個性的であればあるほど、視聴者はそのストリーマーのストリーミング環境に強い印象を持ちます。

このように、ゲーミングPCのデザインはただコンピュータの性能を示すだけでなく、ストリーマーとしてのアイデンティティを形成し、視聴者とのコネクションを深めるための重要なファクターです。

デザインにこだわることで、そのストリーミングの品質だけでなく、視聴者とのエンゲージメントを高めることができます。

パフォーマンスとスタイルを両立するビジュアルチューニング

プロストリーマーやゲーミング愛好者たちにとって、パフォーマンスはもちろんのこと、その外観にも独自性やスタイルを求めることが益々重視されています。

ここで注目すべきは、ゲーミングPCのビジュアルチューニングです。

このアプローチでは、LEDライティング、ケースの透明化、カスタムペイントやエッチングなどを駆使して、個々のパーソナリティを映し出すことが可能です。

特に、RGBライティングは、コンポーネント毎に色を自由に変更できるため、使用者の気分やゲームの内容に応じた雰囲気作りが行えます。

更に、ゲーミングPCのクールファクターを向上させるために、カスタム水冷システムを取り入れることも一つの手です。

このシステムを導入することで、PC内部の熱管理を効率良く行いつつ、透明なチューブを通じて色鮮やかなクーラントが流れる様は、視覚的にも非常に魅力的です。

これらのビジュアルチューニングは、ストリーミング時の視聴者に対しても高い注目を集めることができ、視聴者からの興味や反応を引き出す重要な要素となります。

ゲーム配信をする場合、視聴者はゲーム内容だけでなく、配信者の個性やセンスも楽しみます。

そのため、パフォーマンスという内面的な要素だけでなく、装備している機材一つ一つにもこだわりを持ち、それを視覚的に演出することが重要です。

これにより、配信内容を更に豊かなものにし、視聴者とのつながりを深めることができます。

あわせて読みたい

パソコン選び方進化形 2024のおすすめはコレだ!

BTOパソコンチョイス

画像生成AI用のおすすめPC 効率を上げるスペックとは?

ゲーミングPCフリーク

パソコン寿命の迷信を打ち破る! 真の耐久性を見極めるポイント

ゲーミングPC評価ブログ

おすすめハイエンドPCでYouTubeの魅力を最大化

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPC選び方 エンスージアスト向け組み立てテクニック

ゲーミングPC Tier1

究極のプレイ環境 2024年版おすすめBTOゲーミングPCガイド

ゲーミングPC.jp

目指せトップクリエイター! 3Dアニメーター向けPC選定戦略

ゲーミングPC評価ブログ

システムエンジニア向けパソコン最適化編 プログラミングの快適な伴侶

ゲーミングPC Tier1

Windows PCで変わるデスクワーク 選び方と効率化のヒント

BTOパソコンチョイス

2024年決定版! おすすめデスクトップゲーミングPC完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

動画編集は静かな環境で! 最高のおすすめ静音PCレビュー

ゲーミングPC Tier1

ハイエンドゲーマー向け おすすめデスクトップゲーミングPC検証

ゲーミングPC評価ブログ

2024年版 AI専用PCおすすめカタログ 効率アップの選択肢

BTOパソコンチョイス

デスクトップ進化論 おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC.jp

音楽制作PC戦略 DTMアーティストのためのおすすめ機種とスペック

BTOパソコンチョイス

初心者からプロまで! ゲーミングPC配信用おすすめセットアップ

ゲーミングPC評価ブログ

プロの視点! 配信に最適なゲーミングPCをおすすめします

ゲーミングPCフリーク

カスタマイズ可能なフル機能! おすすめBTOパソコン比較表

ゲーミングPC Tier1

プロゲーマーのためのおすすめBTOゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

ハードコアゲーマー必見! おすすめBTOゲーミングPCスペック解析

ゲーミングPC.jp

ビデオ編集者の夢を叶えるPC おすすめモデルの秘密

ゲーミングPCフリーク

ビジネスの新常識 2024年おすすめパソコンカタログ

ゲーミングPC Tier1

BTOパソコンとは?初心者から上級者まで理想の構成を見つけるテクニック

ゲーミングPC評価ブログ

極上のゲーム体験を実現! おすすめデスクトップゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

コスパ最強! ビジネスで活躍するおすすめパソコン特集

ゲーミングPC Tier1

知識ゼロからのWindows PC選び 初心者向けの完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

おすすめライブ配信PCトップピック ストリーミングを支配する選択

ゲーミングPC評価ブログ

ビデオクリエイター必携! おすすめビデオ編集PCラインナップ

BTOパソコンチョイス

性能重視! 究極のゲーミングPC選び方

ゲーミングPC.jp

ゲーミングで勝つ! デスクトップPCのスペック別おすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次